ドライヤー・ヘアアイロン

パナソニックのヘアドライヤーEH-NA9A-RPのレビュー!くせ毛が悩みに!まとまりも良くなったよ

パナソニックのヘアドライヤーEH-NA9A-RPをgreen.cloverさんのレビューでご紹介します

皆さんはヘアドライヤーってどこのメーカーを使ってますか?
とにかく早く乾かしたい!とか使いやすければどこでもいい、なんて人もいるかと思います。

でも、髪がうまくまとまらない・・・パサつく・・・なんて悩みは誰でもあるかと。
もし、ドライヤーをしながらスキンケアや髪質改善もできたら嬉しくないですか?

あなたの悩みを改善してくれるナノイー効果のヘアドライヤー、パナソニックEH-NA9Aを紹介します。
実際のレビューや口コミを見てみましょう。

パナソニックのヘアドライヤーEH-NA9Aを購入した理由

それまで使用していたドライヤーの持ち手の部分が壊れたことがきっかけでした。
ドライヤーの持ち手の折り曲げる部分の内部が割れたらしく・・・
持ち手を持ってドライヤーをかけることができなくなりました。

少しの間は胴体(温風が出る穴の周辺)部分をもって使用していましたが、あまりにも不便なため買い替えを決意しました。

髪を乾かすのにも時間を要しており、髪のパサつきも悩んでいたためどうせ買い替えるならと、パナソニックのヘアドライヤーEH-NA9Aを購入しました。

パナソニックのヘアドライヤーEH-NA9Aは髪がしっとり♪

大変気に入っています。

温風とは別にナノイーと呼ばれるPanasonic独自技術のマイナスイオンがでる部分があります。
髪を乾かすとしっとりします。

私はもともとくせ毛なので、乾かした後は髪にまとまりがなく指に絡まるほどでした。
こちらのドライヤーを使用し始めてからは、特に何もしていないのに髪のまとまりが良くなりました。
ナノイーは目に見えないものですが、確かに効果を実感できています。

パナソニックのヘアドライヤーEH-NA9Aのスキンケアモードが秀悦!

パナソニックのヘアドライヤーEH-NA9Aには様々なスキンケア機能がついています。
側面にあるボタンで、右手でドライヤーを持ったときにちょうど親指付近にあります。

green.cloverさん
green.cloverさん
それぞれのモードを切り替えることができます。

・地肌を乾かすのに適したスカルプモード
・肌の潤いをケアするスキンモード
・毛先の傷みが気になるときはケアモード

など機能を選ぶことができます。

このボタンが大変押しやすい位置にあるため、髪を乾かしながら簡単にモードを変更することができます。

また付属パーツとしてノズルが同梱されています。
特殊な形をしており、温風吹き出し口にセットするだけで風量が大きくなります。

green.cloverさん
green.cloverさん
より集中的に温風を当てることができます。

早く髪を乾かしたいときに利用しています。

パナソニックのヘアドライヤーEH-NA9Aの感想

パナソニックのヘアドライヤーEH-NA9Aは大変パワフルだと思います。
以前使用していたドライヤーより格段に髪を乾かすスピードが速くなりました。

green.cloverさん
green.cloverさん
温風の強さを3段階に調整することができます。

吹き出し口が2つに分かれてます。

green.cloverさん
green.cloverさん
左口から冷風が、右口から温風がでます。
また上部の穴からナノイーが出ます。

熱い風と冷たい風が一緒に出ているため、パワフルになったからといって温風が熱いと感じることもありません。

適切な温度で風の強さだけが強くなった印象を受けます。

音は大きくもなく小さくもないといった感じです。
ドライヤーを使用する際に聞こえるゴーという音です。

パナソニックのヘアドライヤーEH-NA9Aの気になった点

パナソニックのヘアドライヤーEH-NA9Aは今まであまりお手入れしていません。
しいて言えば風を入れるフィルターを軽く布巾などで拭くぐらいです。

収納に関してはナノイーの吐き出し口がある分、かさばるかなと思っていましたが、実際は何の影響もありませんでした。
洗面所の引き出しの中に収納していますが、特に困ったこともありませんね。

パナソニックのヘアドライヤーEH-NA9Aの印象

デザインは持った時のフォルムや少しマット感の入った色合いがとても良いです。

green.cloverさん
green.cloverさん
高級感あるマット調の色合いで大変気に入っています。

モードを切り替えると光る部分がシルバーになっているのでアクセントにもなっています。

我が家はレッドを購入しました。
男性でも女性でも使用できる色合いで、主人にも好評です。

サイズ感も特段大きいというわけではなく、片手で十分使えるので特に困っていません。

パナソニックのヘアドライヤーEH-NA9Aと比較した製品

購入に際して比較検討していたドライヤーはテスコム製やコイズミ製の比較的安価なドライヤーでした。

Panasonic製のものと比較して価格が7倍近く違う!
大変悩みましたが、最終的には性能で選択しました。

ドライヤーは毎日使用するもの。
髪のパサつきを抑えたいと思っていたため、乾かすだけではない他の付加価値のあるこの製品を購入しました。

☆レビュー商品はこちら☆

パナソニック
ヘアドライヤー EH-NA9A-RP

スキンケア機能が嬉しい!速乾ドライヤーなら

楽天で見る
Amazonで見る

green.cloverさんのコメント
購入して大変満足しています。搭載されているスキンケア機能を使いこなすだけで、ここまで髪の質が変わるのだと実感しています。

ただ髪を乾かすだけでなく、頭皮や肌に潤いを与えたりとドライヤーの可能性を最大限に引き出している製品だと思います。

また、ボタン一つでストレスなくスキンケアモードを変えることができるため、毎日続けられるのも良い点です。
この製品を使用し始めてから髪のスタイリングがよりしやすくなったと感じており、とても嬉しいです。

パナソニックのヘアドライヤーEH-NA9A-RPの口コミ

PanasonicヘアドライヤーEH-NA9Aの他の人の口コミもチェックしてみました。

髪質がよくなった

・2週間使い続けたら指どおりが良くなった
・1週間で効果を実感。髪がしっとりまとまります
・高い美容院やシャンプーよりも高いドライヤーというのは本当だった

多くの方が「買ってよかった」「高いけど損はしない」と絶賛する方が多いです。

髪が太くてパサつく、乾燥して困るという悩みを抱えていた方が「効果が違う!」と喜びのコメントを書いています。

大きい、重い、価格が高いとマイナスのコメントもあります。
高いシャンプーを買い続けるよりも長い目で見ればコストがかからない、と「価格に見合った価値がある」と認める方が殆どです。

音は静か

・風量が凄いのにそんなにうるさくない
・旧タイプよりも音が静かになった

音に関しては「うるさい」というコメントもありましたが、風量の割に音がうるさくないという意見が大半です。

ドライヤーは元々ある程度音が出るものなので、静かなものを期待してしまうとうるさく感じるのかもしれません。
旧タイプよりも音が静かになったという事は確かなようです。

スキンケアにも

・頭皮もスッキリしているし、地肌もしっとり
・ドライヤーというより美容器具
・スキンケアモードで顔に当てるとお肌がしっとりする

おおよそ効果を実感できる方の方が多いようです。地肌の乾燥が防げたという口コミもよく見かけました。

風量がすごい!

・大きさに驚いたけど、爆風で速乾!
・パワーもあるし、スカルプモードでぬるくもできるし肌にすごくいい
・髪の量が多い私でも早く乾く

風量に関してはパワーがあり、乾燥に使う時間が短縮できたという喜びの声が多くみられました。
温⇔冷と自動的に切り替えてくれる温冷モードもあります。

ナノイーとは何ですか?マイナスイオンとどう違うのですか?
ナノイーはマイナスイオンよりも小さいナノサイズのマイナスイオンです。
マイナスイオンは放電によって酸素がマイナスの電気を帯び、水分と結合したものです。

ナノイーはマイナスイオンと比較して水分量が約1,000倍。
またpHもマイナスイオンは中性ですが、ナノイーはお肌に優しい弱酸性です。

サイズも小さいので、髪のキューティクルの中まで浸透します。

ナノイーの効果が出にくい髪質などはありますか?
縮毛の方、クセ毛が強い方、元々髪がサラサラの方、縮毛矯正パーマを当てたばかりの方(3~4か月以内)、髪の短い方などは実感しにくいことがあります。
ナノイーが出るのは温風の時だけですか?
温風、冷風どちらでもナノイーは出ています。
お手入れはどれくらいの頻度で行えばよいですか?
本体の箇所によりお手入れの頻度と方法が違います。
吸い込み口:スイッチをオフにして表面を布で拭き、埃や髪を歯ブラシで取る。内部の埃は掃除機で吸い込む(月1回以上)
吹き出し口:電源を入れ、冷風を出しながら綿棒で埃や髪の毛をかきだしながら吹き飛ばす(月1回以上)
ナノイー、ミネラルマイナスイオン吹き出し口:水で湿らせた綺麗な綿棒でそれぞれの吹き出し口を差し込んで回して汚れを取る(月1回程度)
本体:石鹸水などで濡らした布でふき取る(汚れた時)
海外でも使えるのでしょうか?
公式サイトによると、こちらはAC100V使用となっているので残念ながら使えません。
変圧器を使っても故障の原因となるので使えませんとハッキリ書かれているので避けたほうが良いでしょう。

次に読まれている記事はこちら