便利グッズ

ソーダストリームのジェネシスv2(Genesis v2)口コミレビュー!強め炭酸がいつでも作れる!

ソーダストリームのジェネシスv2(Genesis v2)を購入したpurachanさん。
レビューと口コミを聞いたので紹介します。

家で炭酸水飲むことありますよね。
もっと強めがほしいと思ったことないですか?

飲みきらなければ、残ったものはすぐ気が抜けてしまいす。

安ければ、気にせず新しいものを開けることもできます。
でも、ケース単位で大量買しないとだめじゃないですか?

ソーダストリームのジェネシスv2なら、欲しい量だけ炭酸水が作れるので経済的。
炭酸強度も、強めから微炭酸まで選べます。

実際に使ってみた感想やレビューを紹介します。

ソーダストリームジェネシスv2を購入した理由は?

私は炭酸水が好きでよく飲んでいます。

最近はドラッグストアなどでもかなり安く購入できますが、

・買いに行く手間
・保管場所
・飲み終わったペットボトルの置き場所

に悩んでました。

毎回購入するなら、いっそ自宅で炭酸水を作った方が便利では?と考えました。
そんな時、たまたまコストコでソーダストリームジェネシスv2を見つけました。
家電量販店よりかなり安かったため購入しました。

ソーダストリームジェネシスv2の水は水道水ですか?

私の住んでいる地域の水道水は、そのまま飲んでも美味しい方です。
それでも水道水で作ると、若干エグ味が出て不味いです。

なので、ブリタの浄水ポットの水を使うようにしています。
浄水後の冷蔵庫で冷やした水なら、市販の味とそれほど違いはないように感じます。
ただ、市販のものと比較すると炭酸の気が抜けるのは早いです。

ソーダストリームジェネシスv2の機能は?

ソーダストリームジェネシスv2専用ボトルをノズルに取り付けます。
上部のボタンを押せば、炭酸が注入されます。

purachanさん
purachanさん
ボタンはそれほど力はいらないので、子供でも簡単に作れます。

・1回押すと微炭酸
・2回押すと普通
・3回押すと強炭酸

と説明書にはありました

使ってみると1回で、市販品のような炭酸のシュワシュワ感が十分出ます。
「微炭酸が好み」という人にはやや強く感じるかもしれません。
なので3回押すととんでもない強炭酸が味わえますよ!

付属の専用ボトルは、少し大きいです。
飲みきれるサイズを追加購入しました。

purachanさん
purachanさん
左の白いボトルが標準で付属されている1リットルのもの
右のシルバーのボトルが追加購入した500mlのものです。

初回は炭酸ガスの入ったボンベも付属されています。

purachanさん
purachanさん
ソーダストリーム本体の中に入っているガスボンベです。

使い切ったら、家電量販店へ。
空のボンベを持っていくと2,100円で新品と交換できます。

ソーダストリームジェネシスv2の気になった点は?

ソーダストリームジェネシスv2は、電源も電池もいりません。
電気代を気にせず、場所も選ばないのは良いですね。

炭酸を注入すると「ゴボゴボゴボ」とします。

purachanさん
purachanさん
どんどん炭酸が入り、数秒で出来上がり。

ちょうどポットのお湯が沸いたときくらいの音がします。
気にはなりません。

本体からボトルを取り外すときは、「プシューッ」と音がして少しびっくりしました。
それでもアパート等で迷惑にはならないです

ソーダストリームジェネシスv2のお手入れは?

本体のお手入れは、基本拭き掃除だけ。
ソーダストリームジェネシスv2は水しか使えないので、そこまで神経質にならなくてもいいのかなぁと思います。

・ノズル部分は水に浸かるので、定期的にアルコール消毒
・ボトルは、水筒を洗う棒つきのスポンジで軽く洗い、自然乾燥

させています。

口が狭くて洗いにくいボトルは、炭酸水しか入れないようにしています。
カルピスやお酒を炭酸で割りたいときは、グラスに移して使ってます。

ソーダストリームジェネシスv2のデザインやカラーは?

ソーダストリームジェネシスv2は、高さが42センチあります。

purachanさん
purachanさん
外観です。
写真ではわかりにくいですが、実物はなかなか大きいです。

ただ、細身でシンプルなデザイン。それほど圧迫感は感じません。

色は、白・赤・黒と3種類あります。
置き場所に合わせてカラーを選べば、馴染んで大きさを感じません。

ソーダストリームジェネシスv2は片手で持てるほど軽いので、移動や収納も楽です。

他に検討したメーカーは?

家電量販店で何種類かのソーダメーカーを見に行きました。
中にはジュースに直接炭酸を注入できるものもありましたね。

私自身甘いソーダが好きではなく、一番シンプルなソーダストリームジェネシスv2一択でした。

値段も手頃だったし、一目見てデザインが気に入ってんです。
今思えば、もう少しコンパクトな機種を探してもよかったのかなと思います。

☆レビュー商品はこちら☆

ソーダストリーム
ジェネシスv2(Genesis v2)
ホワイト・ブラック

好きなときに好きなだけ♪強炭酸も嬉しい♪

楽天で見る
Amazonで見る

purachanさんのコメント
ソーダストリームジェネシスv2で良かった点は3つあります。

1つ目は、ドリンクのバリエーションが増えたこと。

純粋な炭酸水のみだけじゃなく、

・カルピス
・お酒
・フルーツ酢

などに割って飲んだりしています。

2つ目は簡単に作れること。
飲みたいときに飲みたい分だけを自宅で用意できます。
わざわざ買いに行く必要もなくなりました。

3つ目は、ガスボンベを交換できる店舗が多いこと。

ソーダストリームジェネシスv2は、使用頻度が高い夏の暑い時期に特に重宝します。
純粋な炭酸水なら、カロリーも糖分も気にせず飲めて、健康にも良いのでお気に入りです。

ソーダストリームのジェネシスv2の口コミ

 

簡単・美味しい・ボタン1つでお好みの強さに

 
ソーダストリームのジェネシスv2は電池も電源もいりません。付属の炭酸ガスボンベをセットし、ボトルに水を入れてセットして後はボタンを押すだけ。この手軽さと簡単さがいいですね。

炭酸の強さもボタンの押す回数で選べます。市販の炭酸水だと強すぎて辛いという方や小さいお子さんでもソーダストリームのジェネシスv2なら微炭酸から強炭酸まで選べます。家族それぞれ好みが違っても対応できるのは嬉しいですね。

「半信半疑で購入しましたが重宝しています」「強炭酸もお好みで作れる」「簡単で美味しいので毎日利用しています」と、「これは買って良かった!」「おすすめです!」という声が圧倒的に多い製品です。

とにかく経済的

 
自宅で炭酸水を飲む習慣がある方ならお分かりだと思いますが、ペットボトルのゴミって本当に沢山出ますよね。エコだのプラゴミ問題がどうという以前に、ペットボトルはかさばるので本当に邪魔です。それに買いに行くのも正直手間です・・・。かといって炭酸水をまとめ買いすると部屋の中で場所を取りますし、見た目にも宜しくありません。何より、炭酸水をいちいち買うのはお金がかかります。

その点、ソーダストリームのジェネシスv2なら見た目がスタイリッシュで部屋にあると見栄えがします。山のようなペットボトルも出ませんし、何より炭酸水を作る過程も楽しいので来客時に盛り上がります。それに美味しい!

ソーダストリームのジェネシスv2は一度購入してしまえば、あとはボンベ交換の際の費用だけで済みます。ペットボトルをいちいち購入するより断然お得です。費用的には500mlにつき約18円程度しかかかりません。炭酸水を沢山使う家庭なら絶対お得です。

「炭酸水がお手軽に作れてゴミも減らせて嬉しさ二倍!」「ペットボトルの大量ストックともゴミの山ともおさらばできて良かった」「コスパ的に良い」「ゴミも出ず便利。もっと早く買っていれば良かった!」とコスパ面の良さを評価する声が多いです。

ダイエットにもお勧め

 
暑い夏だとついついソーダや炭酸飲料が飲みたくなったりしませんか?でも市販のジュースや炭酸飲料は砂糖の量が物凄いですよね。

その点ソーダストリームのジェネシスv2を使って自宅で炭酸水を作るなら甘さも調節できますし、炭酸水オンリーで飲んでも結構美味しく飲めます。またビール腹が気になる、という方も炭酸水で代用すれば健康にも良いです。

「ビールをやめてハイボールを飲むようにしたので重宝している」「ビールの代わりに炭酸水で代用しているけれど美味しくて良い」「炭酸水に柑橘絞ってヘルシーなソーダ作っています」などなど、自宅で美味しくヘルシーな炭酸水が作れて便利という声が多いです。

マイナス面としては強炭酸を欲しがる人にはちょっと物足りない、付属のボトルは密封できないので持ち歩き出来ない、1リットルだと多すぎるので別売りの500mlのボトルを購入する必要がある、などです。それでも総合的に「買って良かった」という声が非常に多い商品です。炭酸水の消費量が多いご家庭には特にお勧めです。

ソーダストリームのジェネシスv2のよくある質問

 

付属のボトルは500mlですか

 

付属のボトルは1リットルです。別売りで500mlもあります。

  

ボトルは市販のペットボトルで代用できますか

 

口径が違うので使えません。専用のボトルをお使いください。

 

気が抜けたソーダに炭酸を入れても大丈夫ですか

 

メーカーの説明によると、ガスを追加できるのは炭酸水のみで、水以外には使えないとなっています。

 

次に読まれている記事はこちら