イヤホン・スピーカー

ZoloLibertyの口コミレビュー!充電時間は?コンパクトでストレスフリー!

完全ワイヤレスイヤホンのZoloLibertyのレビューを紹介します。

通勤時などの移動中に音楽を聞くことってあると思います。
コードタイプは音質では安定性があるものの、持ち運ぶには超不便。

ずっと耳に当てているには問題はなくても、外したりつけたりするとき、長いコードの扱いって面倒に感じたりしませんか?
バッグに無造作にしまうとあとで取り出すときにぐちゃぐちゃになって、取り出すとき結構面倒です。

今回レビューしてくれるろくさんもそんなストレスを感じて完全ワイヤレスの検討をしました。

有名なAirpodsも候補に上げた中、なぜZoloLibertyを選んだのか、音質や音切れ、充電時間など気になるところを教えてくれました。

ろくさんによるZoloLibertyワイヤレスイヤホンの口コミレビューを紹介しますね。

ZoloLibertyを購入した理由は?

今までは通常のコードがついたイヤホンを使用していました。

よく移動中に音楽を聴いたりするので外出先で使うことが多かったのですが、持ち歩くと頻繁にコードが絡まったりすることが多くわずらわしく思っていました。

完全ワイヤレスイヤホンに興味を持ち、手頃な価格で評判の良いZoloLibertyの商品の購入を決めました。

ろくさん
ろくさん
イヤホン単体だとこのようになっています。

ZoloLibertyのメリットは?

完全ワイヤレスのイヤホンにしてはコスパがとても良いと感じています。
よく旅行で高速バスや電車に長時間乗ることが多いので、その中で使うことが多いです。

今まではイヤホンと音楽プレーヤーが繋がった状態だったので、ちょっと席を移動したときに誤って落としてしまったり、どこかに引っかかってしまったりしていた。

ZoloLibertyは、ずっとバッグの中に入れたままワイヤレスで聴けるので、かなり解放感があります。

音質もとても良くて今まで安いコードイヤホンを使っていたせいか、だいぶ良く聞こえるようになりました。

ZoloLibertyの実際の充電時間は?

充電時間は約24時間持つとありますが、それより少し短い印象があります。
やはり充電が切れると途中で使えなくなってしまうところは、通常のイヤホンと比較するとデメリットと言えると思います。

さらに通常のイヤホンは充電など必要がない分、こちらの完全ワイヤレスイヤホンは充電が必要になります。
その分電気代もわずかですがかかってしまいます。

ZoloLibertyの充電ケースやUSBケーブルの使用感は?

充電ケースがシンプルかつ持ち運びしやすいサイズなのでポーチの中とかカバンのポケットとかに入れることができて便利です。

この充電ケースにイヤホンを入れて、充電ケースの側面にUSBの差込口がついているのでそこに付属の充電用USBケーブルを差し込んで充電するようになります。

ろくさん
ろくさん
付属のUSBケーブルです。ナイロン製で断線しにくい素材です。

その付属の充電用USBケーブルも、ナイロン製の断線しにくいタイプのものなのが良いです。

また、色も黄色なので、いろんな充電ケーブルを持ち歩くことが多い私からすると、すぐにイヤホンのケーブルだということがわかるので助かっています。

ZoloLibertyのサイズ感は?

ろくさん
ろくさん
充電ケースにイヤホンを入れている状態です。

充電ケースに入れた状態でも手のひらくらいのサイズなので、どこにでも入れられます。
私はいつもポーチの中に入れて持ち歩いています。

コードのあるイヤホンの場合は、収納するのも大変です。
束ねる必要があったり、絡まったりしていました。

ZoloLibertyは、とてもスマートに収納できる点が気に入っています。

ZoloLibertyのデザインは?

ZoloLibertyは見た目のデザインはシンプル。
かっこいいデザインで、老若男女問わず使うことのできるデザインです。

さらに耳にもちゃんとフィットするので落ちてくるような心配もありません。

ろくさん
ろくさん
充電ケースです。「ZOLO」のロゴがついています。

ZoloLibertyのサイズ感が気になっていたんでが、思っていたより充電ケースもコンパクト。
持ち歩くのにちょうどいいサイズだったので良かったと思っています。
多少思ってたより重いかな、という印象はありました。

AirPodsを選ばなかった理由

最初は、AppleのAirPodsを購入する予定でいました。
ただ、価格が非常に高かったので悩んでいました。

AppleのAirPodsを選ばなかったのは、デザイン性です。
イヤホン本体が少し下に伸びていて、気になっていると周りから多くきいてました。
私もその棒のような部分があまり好きではなかったです。

結果、コスパが良く評判の良いZorolibertyを選びました。

☆レビュー商品はこちら☆
Anker
Zoro liberty
PSE認証済 / 最大24時間音楽再生 / Siri対応 / IPX5防水規格

楽天で見る
Amazonで見る

満足度は高めです。

ZoloLibertyは、この価格で完全ワイヤレス。
かつ有名なオーディオブランドのAnker製品ということで、コスパはかなり良いと思っています。
少し高音が微妙かなとも思うところもありますが、この価格では十分な高音質です。

ZoloLibertyは、音が途切れたりすることもありません。
今までの通常イヤホンを使っていた頃よりも、快適に使うことができています。

完全ワイヤレスイヤホンの入門にもぴったりだと思います。
気になるけど、価格の高いものには手を出しづらいという人にはZoloLibertyは、合うんじゃないかと思います。

ZoloLibertyの口コミ

 

耳への確かなフィット感

 
ZoloLibertyの口コミで一番多かった良い点は「耳へのフィット感が良い」でした。コロンとしたカナル型というタイプで、耳にフィットしやすい形をしています。付属品としてイヤーチップ(耳の穴に差し込む部分のカバー)と、GripFitイヤージャケット(耳から落ちないようにフィットさせるパーツ)があります。これらの大きさと組み合わせを自由に選べるので、大抵の人の耳にピッタリフィットするようにできるのです。

「カナル型なので遮音性がいい」「イヤーチップの組み合わせで自分に合ったサイズにできるのが便利」とフィット感、遮音性に関しては高評価です。

逆に遮音性が凄すぎて「ジョギング中に車に気づかなかったくらい」というコメントもあったので路上で使う場合は注意が必要です。(上位機種のZoloLiberty+では外部の音を取り込む機能も付いています)

音楽を聴くだけなら十分

 
ワイヤレスならではの解放感、フィット感の良さ、コスパが良いと良いことづくめのようなZoloLibertyですが、やはり欠点もあります。それはゲームやYouTubeの動画などを見る際に、音の遅延が発生することです。なので多くの方が「音ゲーには不向き」「YouTube再生には向かない」とコメントしています。

逆にトレーニング中やジョギングには便利との声も。防水機能もしっかりしているので汗で駄目になることも少ないそうです。動画再生には不向きとコメントしている方の多くが「音楽再生には問題ない」と評価しています。音質は価格的に高音質というわけではないそうですが十分使えるとのことです。

ワイヤレス初心者にお勧め

 
ZoloLibertyは操作が簡単なのも魅力の一つ。ペアリングも簡単で、一度やってしまえばあとはケースからイヤホンを取り出すだけで自動的に音楽が聴けます。装着は耳にイヤホンを差し込んでちょっとひねるだけ。イヤホンのロゴがボタンになっていて、そこをタップすることで操作が可能。通話もできます。音声アシスト対応にもなっています。

ちょっと不便なのが、イヤホンの操作では音量調節ができないこと。スマホの操作か音声アシスタントのどちらかでできるのですが、「音声アシスタントは外だとちょっと恥ずかしい」「スマホだけでなく、本体でも音量調節出来たらよかったのに」「ボリューム調節できないのがなあ・・・」とこの点では不満の声が多いです。

またワイヤレスならではの欠点では「満員電車だと音が切れる」などの音の途切れの問題です。これは周囲の電波状況やバッテリー状態にも左右されるようです。

それでもコスパの良さ、デザイン、ワイヤレスの解放感などメリットも多い点、それから多くの口コミであがった「カスタマーセンターの対応が良い」という事を含めて総合的に評価は高いです。ワイヤレスイヤホンを使ってみたい初心者の入門用としてはお得な商品と言えるでしょう。

ZoloLibertyのよくある質問

 

左右どちらかだけで使うことは可能ですか

 

右側のイヤホンが親機なので、右側だけで使うことは可能です。左側だけだとペアリング等ができません。音声アシスタント等の音声通話も右側のみが対応しています。

   

充電器にイヤホンを入れても充電されません

 

イヤホンがきちんとケースにセットされているか確認してください。またイヤホンに付けるカバーの為に接触不良となることもありますので、一度カバーを外してセットしてみてください。それでもできない場合は不具合が考えられるため、カスタマーサービスに連絡をお願いいたします。

 

イヤーチップとGripFitイヤージャケットの別売りはありますか

 

残念ながら付属品の販売はしていません。カスタマーサービスに相談してみましょう。